ブランディングとは、何かの商品やサービス、会社などを顧客にとって特別な存在にするための方法のことを指して使われます。
簡単に言えばブランド化する、ブランドとして認知させることとも言えます。
商売を成功させたり、大勢の顧客に認知されたりする上でブランディングは大切です。
また例えばたくさんの競合会社がいる特定のジャンルにおいて新規参入する場合にもブランディングに力を入れなければそこで生き残ることは難しいといえます。
ブランディングを成功させる上で最も重要な要素は顧客の側に立ってブランディングを行っていく事です。
そもそもブランディングというのは顧客の視点から見て評価されなければならず、例え競合他社に負けない商品を持っていたり、斬新で便利なサービスを開発したとしても顧客にそれら商品やサービス、または存在を認知されなければブランディングの意味がありません。
認知されるだけでなくさらに言えばそれらの商品が唯一無二の価値ある存在であると認められる必要があるのです。
ブランディングを成功させるのが難しい要因として今の時代にはあらゆる商品やサービスが出つくしており、その中で個性を打ち出した、他の企業や存在とは異なる存在をアピールすることは簡単ではありません。
そのためありきたりな方法ではなく、広告の仕方や商品やサービスそのものに対して特別な努力や特別なアイデアが必要とされています。
ブランディングには会社の名前に対しても行われることがあります。
ソニーを例にとって挙げてみます。
ソニーは今では世界中で知られる電機メーカーとしての地位を確立していますが、以前は日本国内の小さな会社であり、会社名も漢字だらけの名称でした。
名称をソニーに変更したのは、世界中の人々が覚えやすく認知されやすい会社名にした方が良いと判断したからだといわれています。
またブランディングには商品名に対しても行われます。
これはブランディングがなされた結果の話になりますが前述のソニーについて考えてみても、ソニーにはウォークマンやプレイステーションなど、名称を聞いただけで顧客はどんな商品か認知することができます。
このようにブランディングは顧客の意識や満足感、顧客側から見た存在感を意識することで成功させることができます。
ブランディングのための初めの一歩はロゴの作成や宣伝など基本的なことが含まれますが、長期的な成功を得るためには顧客に対して誠実に商品やサービスを開発することが重要だといえます。